空気のように軽いバックアップソフト

Outlookのデータをリストアする方法を教えて下さい。

パターン1:Air Backからリストアしたデータをインポートする
パターン2:Outlookのデータ保存場所を直接置き換える(上級者向け)

パターン1:Air Backからリストアしたデータをインポートする

1, Air Backの「リストア」画面を開き、Outlookをリストアします。



※ リストア先は「一時フォルダに戻す」を選択します。

暗号/圧縮をかけていない場合
バックアップ先のデータをそのまま使用することができます。
例として、Eドライブにバックアップを取る設定にしていた場合のデータ保存先はこちらです。

E:\RI\ユーザ名\OL\00\標準フォルダ(追加フォルダ)

手順2のインポートで直接このフォルダを指定可能です。

2, Outlookを開き、左上のメニューから「ファイル」を開きます。

3, 開く/エクスポートメニューから「インポート/エクスポート」を選択します。

4, 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択します。

5, 「Outlook データファイル(.pst)」を選択します。

6, 「参照」からリストアしたデータを選択します。

手順1でリストア先に指定した場所の中に、
Outlook フォルダが作成され、その中に「標準フォルダ」「追加フォルダ」があります。

いずれかのフォルダから.pstファイル を選択してください




暗号/圧縮をかけない設定の場合は、バックアップ先の .pstファイル を選択でも構いません。

7, インポートするフォルダーの選択をします。

特に選択しなければ全てのフォルダーがインポートされます。



[完了]をクリックするとインポートが開始されます

パターン2:Outlookのデータ保存場所を直接置き換える(上級者向け)

1, Outlookのデータファイルをリネームします。
※ Outlookは終了してください。
「C:\Users\ユーザ名\Documents\Outlook ファイル」フォルダ内の .pstファイル をリネームします。

例 user1@ri-ir.co.jp.pst → user1@ri-ir.co.jp.bak.pst
2, パターン1でリストアしたフォルダ内の .pstファイルを、
下記フォルダ内にコピーまたは移動します。
「C:\Users\ユーザ名\Documents\Outlook ファイル」
「データ移行」の記事一覧
「Outloock」の記事一覧
「リストア手順」の記事一覧

PSQ Certification

Air Back for PC は国産ソフトウェア品質認証制度、
PSQ-Liteを取得しています。