空気のように軽いバックアップソフト

バックアップの圧縮・暗号化シリーズ共通

バックアップの圧縮

データだけを圧縮する図

バックアップで問題となるのがバックアップの容量です。

Air Back はファイルバックアップなので、バックアップ容量は大きくありません。

バックアップは自動で圧縮して保存されるので、さらに容量を抑える事ができます。

ご利用状況で異なりますが、弊社スタッフの場合、概ね10~20GB程度の使用量が一般的です。

バックアップの暗号化

Air Back では、バックアップしたデータを暗号化して保存します。
いくら情報漏洩対策をしても、バックアップしたデータが誰でも見れる状態では問題です。
バックアップデータを暗号化する事で、例えばバックアップした USB メモリーや SD カードを紛失しても、情報が漏洩する可能性を軽減する事ができます。

対象エディション全エディション
特徴 バックアップを自動で圧縮
バックアップを暗号化

PSQ Certification

Air Back for PC は国産ソフトウェア品質認証制度、
PSQ-Liteを取得しています。