空気のように軽いバックアップソフト

主な機能

ファイルバックアップシリーズ共通

ファイルバックアップの図

Air Backのバックアップは、ファイルバックアップ方式です。

データだけをバックアップして、OSやアプリケーションはバックアップしないので、とても軽快に動作します。

ファイル名や拡張子による除外もできるので、不要なデータのバックアップを回避して、さらに軽快に動作させる事も可能です。

対象エディション全エディション
特徴 バックアップ容量が小さい
容量が小さいので世代管理が可能
容量が小さいのでネットワーク負荷が小さい
リアルタイムでバックアップが可能

HDD全体のバックアップPro共通機能

HDD全体バックアップの図

Air Back Proなら、ファイルバックアップに加え、HDD全体のバックアップが可能です。

OSの設定やアプリケーションの設定を丸ごと保存したい。HDDが破損した際に、OSやアプリケーションを丸ごと復元したい。そんな場合は、Air Back Proをご利用ください。

対象エディションAir Back Pro for PC
Air Back Pro for File Server
特徴 イメージバックアップ
容量が大きい
オフラインで手動実行が必要

バックアップタイミングシリーズ共通

バックアップタイミングの図

Air Backは、ファイルが更新されたら、リアルタイムにバックアップします。

ファイルを更新すると、直ぐにバックアップされ世代管理されるので、誤って更新したデータも簡単に元に戻す事ができます。

リアルタイム以外にも、指定した日時やシャットダウン時などにバックアップを指定する事が可能です。
指定できるバックアップタイミングは以下のとおりです。

バックアップタイミング

リアルタイム
データの更新を検知したら、直ぐにバックアップします。
スケジュール
1日1回、週に1回、月に1回など、スケジュールによるバックアップの実施が可能です。
インターバル
3時間おきにバックアップする、といったインターバルを指定する事が可能です。
シャットダウン
シャットダウン時にバックアップします。

複数のバックアップ設定

1台の PC やサーバーで、複数のバックアップを設定する事が可能です。

フォルダーごとにバックアップするタイミングやバックアップ先を指定する事が可能です。

例えば、非常に大きなファイルを頻繁に更新する場合、都度バックアップしないように週に1回だけバックアップし、デスクトップやドキュメントフォルダのファイルはリアルタイムに更新する、といった柔軟な設定が可能です。

イメージバックアップの場合は、ストレージを丸ごとバックアップするかしないしか選択できませんが、ファイルバックアップでは、必要なデータを必要なタイミングで取得する事が可能です。

対象エディション全エディション
特徴 4つのバックアップタイミング
  • リアルタイム
  • スケジュール
  • インターバル
  • シャットダウン
複数のバックアップ設定が可能

バックアップメディアシリーズ共通

Air Back は、バックアップ先に様々なメディアを選べます。

色々な機器にバックアップできるので、バックアップ先を選びません。

Air Back 各製品でバックアップ可能なメディアの表

バックアップ先

USB 機器
USB HDD 、USB メモリなど、お使いの PC が認識できる USB ストレージであれば、バックアップ先としてご利用頂けます。
SD カード
お使いの PC が認識できる SD カードであれば、バックアップ先としてご利用頂けます。
SD カードの場合は、PC と比較して容量が小さいので、バックアップするデータの容量にお気をつけください。
共有フォルダ
ファイルサーバーや NAS など、お使いの PC から接続できるファイル共有であれば、バックアップ先としてご利用頂けます。
クラウド
当社指定のクラウドサーバーへバックアップします。
Air Back Plus for PC と Air Back Plus for Server、Air Back Cloud Azure for PC、3つのエディションで利用できます。

複数のバックアップ設定

1台の PC やサーバーで、複数のバックアップを設定する事が可能です。

フォルダごとにバックアップするタイミングやバックアップ先を指定する事が可能です。

例えば、非常に大きなファイルを頻繁に更新する場合、都度バックアップしないように週に1回だけバックアップし、デスクトップやドキュメントフォルダのファイルはリアルタイムに更新する、といった柔軟な設定が可能です。

イメージバックアップの場合は、ストレージを丸ごとバックアップするかしないしか選択できませんが、ファイルバックアップでは、必要なデータを必要なタイミングで取得する事が可能です。

対象エディションAir Back Cloud Azure for PC を除く
全エディション
特徴 対応メディア
  • 外付け HDD
  • NAS
  • USB メモリ
  • SD カード

世代管理シリーズ共通

世代バックアップの図

ファイルを更新すると、直ぐにバックアップされ世代管理されるので、誤って更新したデータも簡単に元に戻す事ができます。

更新毎だけでなく、1日1世代と限定する事も可能なので、ご利用者様に合わせた世代管理が可能です。

イメージバックアップはバックアップが巨大なので、世代管理は非常にコストがかかりますが、 ファイルバックアップ方式はデータだけバックアップするので、低容量でも世代管理が可能となります。

最大世代数

管理する世代数の上限を最大99まで指定する事が可能です。

一般的な利用方法であれば、数世代の管理ができれば充分なようです。

しかし、頻繁に更新するようなファイルは多めに世代管理したい、その際は最大で99世代までバックアップする事が可能です。

また、1日1世代までに限定する事も可能です。

例えば、新規で作成し始めた文書などは、1日に何度も更新すると予想されます。

保存するたびにバックアップしていると、バックアップの容量が増える、このようなケースを想定して、1日1世代までに限定する事も可能です。

対象エディション全エディション
特徴 最大99世代までバックアップ可能
最大世代を設定可能
1日1世代までに限定する事が可能

リストアシリーズ共通

Air Back なら、バックアップ先から簡単にデータをリストアできます。

リストアしたい世代、ファイル、リストア先を指定、あとはリストアボタンを押下するだけで、バックアップからリストアが実行され、データを復旧できます。

難しい操作は一切ないので、パソコンの操作に自信がない方でも、気軽にバックアップからデータを復旧できます。

リストア手順図

アプリケーションリストア

アプリケーションリストアは、リストア先の PC に Air Back がインストールされていなくても、弊社提供のリストア専用アプリケーションである「Air Back Restore」を使用してリストアをできる機能となります。

対象エディション全エディション
特徴 アプリケーションリストアが可能

バックアップの圧縮・暗号化シリーズ共通

バックアップの圧縮

データだけを圧縮する図

バックアップで問題となるのがバックアップの容量です。

Air Back はファイルバックアップなので、バックアップ容量は大きくありません。

バックアップは自動で圧縮して保存されるので、さらに容量を抑える事ができます。

ご利用状況で異なりますが、弊社スタッフの場合、概ね10~20GB程度の使用量が一般的です。

バックアップの暗号化

Air Back では、バックアップしたデータを暗号化して保存します。
いくら情報漏洩対策をしても、バックアップしたデータが誰でも見れる状態では問題です。
バックアップデータを暗号化する事で、例えばバックアップした USB メモリーや SD カードを紛失しても、情報が漏洩する可能性を軽減する事ができます。

対象エディション全エディション
特徴 バックアップを自動で圧縮
バックアップを暗号化

メールバックアップ for PC 共通機能

バックアップ対象メールソフトの図

Air Back は主要メールソフトのバックアップが可能です。

「メールのバックアップは、手間も時間もかかって面倒!」

「そもそも、メールのバックアップってどうやって取るの? 」

Outlook の PST ファイル、Thunderbird のプロファイルを手動でバックアップしている方も多いのではないでしょうか?

そんな時にお勧めなのが、Air Back です。

指定されたスケジュールでのバックアップ、指定された間隔(インターバル)でのバックアップ、PC シャットダウン時に自動的にバックアップを行います。

ただし、Air Back for PC、Air Back Plus for PC、Air Back Cloud Azure for PC では、メールをバックアップする際にメーラーを終了させる必要がございます。

指定されたバックアップタイミングになると、メーラーを終了するか確認されます。 そこでメーラーを終了させるとメールのバックアップが開始されます。

対象エディション Air Back for PC
Air Back Plus for PC
Air Back Pro for PC
Air Back Cloud Azure for PC
特徴 4つのメールソフトに対応
  • Outlook
  • Thunderbird
  • Becky!
  • Windows Live Mail

VSS 機能Pro 共通機能

メーラーを閉じずにバックアップ

VSS機能の図

Air Back Pro は VSS 機能に対応しているので、メーラーを閉じる必要もございません。

バックグラウンドでメールのバックアップをさせたい場合は、Air Back Pro をご利用下さい。

VSS 機能とは

マイクロソフト社が Windows Server 2003 へ搭載した、Volume Shadow Copy Service の略で、ファイルを使用中でも整合性の取れた状態でファイルをコピーできる機能です。

Outlook の PST ファイルやデータベースなど、データの整合性が必要な上に巨大なファイルをコピーする際は、ファイルの使用を中断してコピーする必要があります。

これは、コピー中にデータが更新されてしまい、結果としてファイルが破損する事を防ぐためです。

しかし、データベースを停止させると、業務まで停止してしまうのは問題です。

そこで、VSS 機能を利用します。

VSS 機能は、ファイル使用の有無に関わらず、その時点での状態を記憶することができ、 コピー中にデータが更新されたとしても、更新されていない正常なデータをコピーする事ができます。

これにより、Outlook などのメーラーを閉じずにメールをバックアップする事が可能です。
サーバーの場合、データベースなどを終了させずともバックアップが可能となります。

対象エディション Air Back Pro for PC
Air Back Pro for File Server
特徴 ファイルの利用有無にかかわらずコピー可能

シークレットフォルダーPro 共通

シークレットフォルダー利用例の図

「シークレットフォルダー」(弊社製品)で保護したデータは、通常は他のアプリケーションからは全く見る事ができません。

その為、通常のバックアップソフトでバックアップする事はできません。

しかし、Air Back Pro for PC ならシークレットフォルダーで保護したデータもバックアップする事が可能です。

リアルタイム以外にも、指定した日時やシャットダウン時などにバックアップを指定する事が可能です。

本機能は Pro 版のみの対応となります。

対象エディション Air Back Pro for PC
Air Back Pro for File Server
特徴 シークレットフォルダーのデータをバックアップ

動作要件

オペレーティングシステム
(32ビット/64ビット、日本語版のみ)

Windows 8.1 各エディション
Windows 10 各エディション

ストレージの空き容量

Cドライブに200MB以上の空き容量

CPU

Intel、AMD または互換プロセッサ

メモリ

4GB以上のRAM
※お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。

その他

.NET Framework3.5 以上がインストールされていること。

ストアアプリ版 Outlook には対応しておりません。

注意事項

仮想化環境について

本製品はOS上で動作するソフトであるため、仮想化環境でも動作いたします。
なお仮想化環境の特性上、お客様の環境によってはパフォーマンスに影響を与える可能性もございます。
あらかじめご了承ください。

Box Drive について

Box Drive は Outlook の .pst ファイルをサポートしていません。
このため Air Back のバックアップ先として利用することはできません。

Box Drive がサポートしていないファイル形式(2021/2/16現在)

.pst
.qbw
.nd
.qbw.tlg
.tlg
.des
.qba
.qba.tlg
.qbr
.qby
.qdt
.pdx

詳細はこちらをご確認ください。

販売終了製品( Air Back 1 )について

以前に販売しておりました「Air Back」は既に販売終了しており、最新の Windows OS への対応も停止しております。
その為 Windows 10 などの最新機器では動作保証致しかねますので、ご容赦のほどお願いいたします。
現在販売しております「Air Back」は「Air Back 2」をもとに機能拡張した製品で、過去に販売しておりました「Air Back」とは異なる製品です。
同名の製品となり大変恐縮ではございますが、混同されないようにご注意のほど宜しくお願いいたします。

  • 動作要件は予告なく変更される場合がございます。
  • Air Back はアップデータの登録商標です。
  • その他、記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

購入済みのお客様

※1 Air Back Pro for PCのマニュアルは、Air Back for PCマニュアルに含まれています。 「P.50~ 7【Pro版】の機能について 」の項目をご参照ください。
※2 製品版の最新インストーラーです。

PSQ Certification

Air Back for PC は国産ソフトウェア品質認証制度、
PSQ-Liteを取得しています。